airUキャンパス

airUマイページ

前澤 美佐子

水生

170×120㎝ 羊毛・酸性染料・綴織 風薫る5月、鮮やかな新緑が水面に映える。湧水の透みきった水がカラーの群生を育み、優雅な花を咲かせる。ゆったりと流れる清流の色が白い花に映し出され、青葉をわたる爽風が花々のあいだを吹きぬける。−私の街の一場面−

小川 裕子

束塊

65×65×150cm ポリエステル ミシン糸(フィラメントヤーン)#5 オリジナル技法 1本では頼りない糸を束ねることで、重量感や質感、動きを持った広がりやつながり、絡み合いという表現ができる。この作品で「束ねる」という行為から、一つにつながった束の集まりを作る。

佐野 秀子

そして私は ここに ある。

77×21㎝ 4体 オーガンジー、チェール、羊毛、獣毛、絹 熱加工、フェルト化 私には不安の琴線があります。何かが触れたその琴線は、えも言われぬ焦燥を生み出し、私の皮膚を掻きむしってゆくように思うのです。不安が治まり、皮膚が再生され、新たな元の自分へと戻ってゆく。その過程を自身...

浮田 みどり

つながり —遺伝の行方

200×200×15㎝ 素材:絹糸1/13m/m番手、ペットボトル 酸性染料 二重織  この世の全てのものはどこかで関係し合っている、つながりを感じます。生命が誕生してから今日まで脈々と受け継がれてきたDNA。DNAのらせん形状が、つながりの根源ではないかと考えています。

藤尾 鏡子

172×78㎝ 3点  型染 ものを造り出すという事を通して沢山の人達に出会うことが出来ました。そんな賑やかで楽しかった「時」を表現してみました。

水原 美登里

きせかえ

人体90㎝ 装置80×100×120㎝ 木・布・糸・ビーズなど バービーやリカちゃん人形が大好きで、紙のきせかえを立体で作ったらどうなるのだろうという発想から、見て楽しく、触って遊べる作品を作ってみたいと感じ、こんなのができました。

谷 芳子

四季

240×180㎝ シルク、木綿等・スラッシュキルト 日本の美しい四季を、抽象的な形で、天然染料の自然の色を用いスラッシュキルトの技法で表現しました。

所 愛江

Who are you?

1体 11×13.5×34㎝ 並べた時直径2mの円 独自技法 ジブンラシクイキテイマスカ? ショウライナリタカッタショクギョウハ? ジブンラシク・ジブンラシク アカルク・タノシク・ジブンラシク

原 知恵子

流水 −ながれ

着物 絹・天然染料・酸性染料・平織 川の流れは、まさに人間の生き方と通じるとは、よく言われることであるが、自分自身も今まで生きてきて、後ろを振り返ると明るく陽の当たる時もあれば、そうでない暗く影の時もあり、人はそのような中を「生きて行く」というような感慨をもち、それを織り...

梶清 明美

TIRASHI WORLD 2004

180×60cm 5枚 チラシ 毎日、新聞に入っているチラシは、通常はゴミですが、購買欲がある時は必ず比較検討の為に必要ですし、チラシには現代社会の消費活動が反映されています。ゴミと捨てられる運命のチラシをテープ状に切って羅列し、家・車・健康・エステと情報社会に欠くことの出来ない携...

松本 実英子

生滅

180×240㎝ 絹(玉糸、手引き真綿、タイシルク) 天然染料(ログウッド、茜、コチニール、藍、刈安) 絣 綴織 星の最期。死を迎えようとしている星は、それまでの生の証を求めるかのように光り輝き、やがて爆発し、新しい星の誕生のエネルギーとなります。壮大な宇宙でのこの神秘的な現象に...

中屋敷 志保子

マーチ

90×90×110㎝ シルクオーガンジー・天然染料、酸性染料・ロックミシンで縫合 ハルガ クル/イロトリドリノ ナニカガ サイテ/ハルガ クル/サヨナラト ハジメマシテヲ クリカエシテ/ハルガ クル/ホラ/ハルガ クル

村越 幸子

ウェイク アップ

108×195㎝ 平織 自分の作品として何が1番表現したいか、仕上げる為に素直に無理なく制作していけるのか。入学から今までを振り返ったとき、最初の自画像が蘇った。又小さい機を最大限いかし、3cm巾の帯を繋げてタペストリーとした。心のウェイクアップ(目ざめ)を、顔の明暗からモザイクで構...

大和 恵子

生命の再生Ⅰ・Ⅱ

88×240cm 2枚 ラミー、真綿、平巻糸、リネン 織 命あるものはいずれ朽ち果てる。しかし、そのエネルギーはやがて生まれて来る新しい命の中に脈脈と受け継がれていく。私たちの命もその循環の環の中のひとつの点に過ぎない。海と森の情景の中で混沌の中から新しい命が生まれ出すイメージを織...

中野 智子

樹光

着物 絹 二重組織 作品形態、技法は先に決まり、テーマを探しながら日常を送っていると杉の植林に目が行く。私の職場は杉の植林に囲まれた環境にある。同じように並べられた木たちだが、天気や時間帯で見え方が微妙に変化する。今回の着物も光のあたり方、見る位置によって見え方が微妙に変...

上野 理恵子

green green

103×72.8㎝ 3点 綿・反応性染料・型ろう技法 「ミドリハヒトニヤスラギヲクレル」をテーマに、版を身近な葉のスケッチより制作し、大好きな夏の緑のイメージを表現しました。

渡邊 智子

Season

150×468㎝ オパール加工布、反応性染料・シルクスクリーン技法・垂らし、滲み、ぼかし技法 26年振に母国の穏やかな自然の中で一年を過ごした。その中で私が情緒として感じる感覚とは曖昧さや朧げさである事を再認識した。私はこの感覚が大好きだし様々な可能性を感じる。何がなんでも説明的に...

三浦 眞理子

魔女のデザート Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

220×300㎝ 絹・絣、綴織り 誰もが幸せな時を共有できるランチ後のデザートを食べている時、楽しいイメージが浮かんだ。元気が出るような楽しく、明るい「タペストリーデザート」は作れないものかしら…。暗い気持の日々から脱出できそうな予感と勇気が湧いてくるそんな作品が作れたら…。魔女は...

藤井 順子

汽水域

着物 絹糸、手績み苧麻糸・綟り織(経絽)、経絣 沖縄西表島の浦安川河口の「汽水域」では、淡水と海水それぞれの動植物が共存し、一つの生態系を作り出している。沖縄はその芸術においても、独自のものと伝来のものと融合し花咲かせている文化の汽水域の様な印象を受ける。そんなイメージを...

Damen 上島 薫

head protection

φ±80㎝ 長さ±80㎝ ×7本 綿糸・竹繊維・天然染料・平織 傘は漢字が示すように、人にとって一番小さな単位の家なのだと、織りながら気が付いた。ほっとできる空間ができているとうれしいと思っている。

川島 千尋

つなぎゆくもの、つながれてゆくものたち

300×270㎝ 綿布、麻布・ろうけつ染め、ミシンワーク、ハンドステッチ たとえば、あるひとつの重いから共感が生まれ、ふたつの思いとなり、やがてみっつの思いとなり……ゆっくりしずかに共感が広がってゆく。そしてそれは、つながればつながるほど、でこぼこゆらゆらするけれど、その動きがまた...