airUキャンパス

airUマイページ

マティスの立体表現—切り紙絵作品『ジャズ』を通して—
野々口立圃 休息歌仙絵の表現について
パウル・クレーの《忘れっぽい天使》—天使の連作はどうやって生まれたのか—
倉俣史郎の椅子
信貴山縁起絵巻における作者・発注者の制作目的の考察
バルテュス《部屋》をめぐって—多層性というバルテュスの罠—
身近なデザイン—現状と課題—
ブランクーシ《鳥の連作》—飛び立つ力を追及した造形の展開—
現代いけばなの可能性—中川幸雄が切り拓いたもの—
いけばな美のルネサンス…—『IKERU ITALY』—
総合芸術、紙芝居の絵画の役割とは—実地調査、創作紙芝居をもとに研究する—
バルテュスの描くもの
モチーフとしての文字言語—イチハラヒロコ作品からその可能性を探る—
ターナーの色彩論—晩年の作品における光の描写を巡って—
パンク音楽の表象—ファッションについての考察—
古代中国青銅器における饕餮文の配置とその図像効果について—発注者と製作者の観点から「こだわり」を考える—
ピナ・バウシュの創りだす舞台の特異性について—出演者と観客の関係から創りだされるもの—
蜷川幸雄の演出—イメージの共有と赤の関係性—
池大雅《陸 奇勝図巻》について
アートフラワーとアール・ヌーヴォー—現代日本における花のコラボレーション—
新学習指導要領に準拠した中学校美術科の評価について
宮崎駿のアニメーション—「動き」による「身体性」の獲得と物語の構築—
桃山時代の水墨画に海北友松が与えた影響—「ふくろ絵」と呼ばれた友松の画法について—
漆芸家夏目有彦の<類根来塗>— 漆で捉えた現代漆工芸の考察—
吉備津神社の獅子・狛犬に関する一考察
アルテミジア・ジェンティレスキのユディット像をめぐる考察—女性画家としての評価について—
弁才天の性格と持物—浄見寺銅造弁才天坐像—
「光悦謡本」(嵯峨本)に描かれた雲母模様—金銀泥絵模様を考察—
クロード・ロランの風景画について—作品の特徴と受容から高評価の理由を探る—
ジュアン・ホエの集団ポートレートをめぐる考察
時代の変化に対応した新しいタイプのギャラリーART AND CRAFTSの事業化及び経営